めざせターシャ・テューダーさんの庭


実家の庭は広い。雑草が生えまくる。これまではほぼ放置していて、年に2回草刈りと剪定に来てもらっていたのだが、とにかくイネ科とタデ科の植物が足を踏み入れるのも怖いくらい生い茂り、うんざりしていた。雑草刈りバサミなどで闘いを挑んでいたのだが、勝てるか、そんなもん。だが、夫がガーデン芝生バリカンという文明の利器を持ってきてくれて、ついに私のガーデニング魂に火が。

実は実家には私の大好きなマキタ製の古い電動刈払機があるのだが、なんとなくおっかないような気がしていて使えずにいたのだ。しかし、もう少し手軽な感じのガーデン芝生バリカンがやって来て、状況は変わった。やってみたらけっこう簡単に草が刈れる。とはいえ、庭はかなりの広さなので、小さなガーデン芝生バリカンで東の端から毎日少しずつ刈っていき、庭の真ん中に到達する頃には、すでに数日前に刈ったはずの東側のイネ科の草が10センチメートル以上伸びている。くそぅ。庭の西側にたどり着く日は来るのか。雑草の中にいっぱい咲いているシャスタデージーが枯れたら、いっきに刈払機で刈ってやるぞ。

だがしかし、とりあえず庭の東側は草が短くなったので、ここはひとつ以前から憧れていた絵本画家ターシャ・テューダーさんの庭みたいな感じにしてみるか、と思う。でも、1人で世話をしなくちゃいけないので、ここはあれだな、オール宿根草だな。ということで、楽天市場のおぎはら植物園さんにさっそく発注。

IMG_0846.jpg

今回は、オルラヤ ‘ホワイトレース’(オルレア グランデフロラ)ルドベキア ‘リトルゴールドスター’とエキナセア‘ファタルアトラクション’を購入。うわあ、どれも立派な元気そうな苗だよ。

IMG_0850.jpg

これがオルラヤ ‘ホワイトレース’(オルレア グランデフロラ)

IMG_0849.jpg

これがルドベキア ‘リトルゴールドスター’

IMG_0848.jpg

そして、これがエキナセア‘ファタルアトラクション’。

IMG_0847.jpg

そして、こちらの【書籍】四季の宿根草図鑑 決定版 荻原範雄(おぎはら植物園)著 講談社も購入。写真もきれいだし、とてもわかりやすい。花期だけでなく葉が茂っている時期も書いてあるし、寒さや暑さにどれくらい強いか、どんな生え方か、放任していても大丈夫かとか、知りたい情報がひとめで(字が小さいので老眼鏡は必要だけど)わかる。年間を通して常に庭に花が咲いているようにするには、どれを植えればいいのかとか考えるのに非常に便利。

そして、一番言いたいことはこれなのだが、精神的に参っている時は庭仕事が有効。非常に有効。心療内科に予約を入れるくらい参っていたのに、ガーデン芝生バリカンで草を刈り、庭木バリカン(これも夫に送ってもらった)で植え込みを剪定し、どんな花を植えようかと考えたりしていると、肉体的にはクッタクタなのだが精神的にはとても楽になった。

知り合いに頼んで花の苗をわけてもらい、おぎはら植物園さんで花の苗を注文し、少しずつだがターシャ・テューダーさんの庭に近づけられるといいな。今のところ、はっきり言って、ほぼ野原ではあるが。先は長いぞ。








苔ボトル

IMG_0598.jpg

もう何年も前からエアプランツを育てている。名古屋の自宅に置いていたエアプランツを実家に持ってきているのだが、すでにいくつか枯らしてしまった。昨年からは多肉植物も育てているのだが、今けんこう会館の前にいる子たちは、温室のアロエも凍って枯れるという寒い冬を越した精鋭たちだ。あ、もちろん冬の間は温室ではないが、玄関内に入れていたけれど。

そして最近は苔を育てている。なにしろ、実家はけっこうな山奥だ。シカもイノシシもクマも出る。そんなところだから、そこいらじゅうに苔はある。実家の庭にも至るところに生えている。取り放題だ。たとえうっかり失敗して枯らしても、街に買いに行ったりネットで注文したりする必要はない。しかも種類も豊富。夢のようだ。

IMG_0599.jpg

苔ボトルのつくり方はネットで調べてわかったのだが、この本(『「苔ボトル」育てる 楽しむ 癒しのコケ図鑑』 写真/佐々木浩之 文/戸津健治 電波社)の写真がなんだかとてもきれいなので買ってみた。写真入りでなかなか丁寧に説明されている。まあ、ここまで丁寧でなくてもわかるかもしれないけれど。

IMG_0601.jpg

それでもやっぱり、とてもきれいだ。当たり前だが、(私が作った)実物よりはるかにきれい。

IMG_0600.jpg

後の方は苔の図鑑になっている。普通の図鑑より写真が大きいのでわかりやすい。ああ、実家の庭のあのへんにこの苔あったよな、などと思いながら見る。

IMG_0592.jpg

どんどんたまっていくジャムの空き瓶で苔ボトルを作ってみた。土ではなく樹皮培養土というやつを入れている。さすがにこれだけはネットで購入。

IMG_0597.jpg

苔だけにすれば大人っぽいのに、ついついこういうものを入れてみたくなる。

IMG_0596.jpg

鹿とか山羊も入れていたのだが、苔の成長が思いのほか早くて埋まってしまうため、馬とか牛にかえた。本当はキリンが欲しかったのだが、出来のいいやつはとんでもなく高かったので断念。代わりに人間を入れてみた。若干埋まっているけれど。

IMG_0594.jpg

ちょっと牧場じゃない感じにしてみたいので、さかつう楽天市場店さんでいろいろ探している。ミゼットなんかいいかもなぁ。









母の日のクリオネ



実は長男も母の日のプレゼントは何がいいか聞いてくれたので(いやいや、お前が「もうすぐ母の日ですね」とLINEしたからやろ)、すかさず「実はほしい服がある」と答えた。

私はここ何年かずっとほぼDesign Tshirts Store graniphの服ばかり着ている。最初はいつだったか、名古屋に帰っているときに大須の商店街にあるグラニフのお店の前に、五味太郎さんの絵本の絵がついているワンピースが置いてあるのを見つけたのだ。いやいやいや、これはもう衝撃。絵本のまんまですやん。

IMG_0617.jpg

で、その後、ネットにもグラニフのお店があるのを見つけ、アウトレットになるのを待ったりとか、楽天のポイントをためたりとかして、何着か購入した。これは半袖のやつだが、もちろん長袖も何枚か持っている。買うのはワンピース。もちろん下にズボン(昭和な言い方)はきますが。ここのワンピースは形がシンプルで、まあ、その服によってデザイン的に、袖が多少ひらひらしたりとか、裾が多少広がったりとか、襟ぐりが多少大きめだったりとか(フェミニンというやつですな)はするのだが、基本形はほぼ同じ。で、両脇にポケットがついていることが多い。私のようなポケット好きにとってここ重要。

グラニフはとにかく柄が面白い。今回、母の日に長男に買ってもらったのもクリオネの柄。さすがにバッカルコーン(クリオネの触手。あの可愛い頭みたいな部分がガバーッと開く)全開のクリオネは描かれていないが、こんな柄の服は見たことない。袖を折り返すとピンク色になっている。可愛い。とは言うものの私の買うのはたいてい、どれもおとなしめな色や柄だ。さすがに63歳だからな。

とにかく、いろいろな作家さんとのコラボ商品があるので、サイトのお店を見ているだけでも面白い。レオ・レオニのフレデリックとかスイミーとか。怪物君とかおそ松くんとか。ちびまる子ちゃんとかトムとジェリーとか。確か、楳図かずおさんの描かれたホラーな感じの女の子の顔が、バーンとでっかくプリントされている服とかもあった。う、売れるのかな。熱狂的な楳図さんファンが買うのかな。

街中だとどうだかわからないが、とりあえずこの実家周辺では、同じ服を着ている人に遭遇したことは、今のところ一度もない。




母の日の『ゆるキャン△』

IMG_0602.jpg

Amazonのプライムビデオで『ゆるキャン△』というアニメを見ている。可愛い女子高生たちがキャンプをするというだけのアニメ。特にハラハラドキドキするわけでもないのだが、そういうところが、親の介護というか世話で単身赴任中の人の心の疲れには非常によく効く。しょっちゅう見る。そんなに心が疲れとるんか、お前は。というくらい見る。あまりに見すぎてほとんど次の台詞が言えるような状態。最近では、作業中のBGM代わりに音だけ流してたりする。

ちょうど二男が母の日のプレゼントは何がいいか聞いてくれたので(いやいや、お前が「ところでもうすぐ母の日ですね」とLINE送ったやろ)、すかさず「ほしいマンガ本がある」と答えた。ちなみに誕生日には『ハクメイとミコチ』というマンガ本1~6巻を買ってもらった。『ゆるキャン△』は我慢しきれずすでに1巻は持っていたので、2~6巻を買ってもらった。

電子書籍版もあるのだが、やっぱり好きな本は紙の方がいい。で、大事な本にはブッカーをかけることにしている。図書館みたいな透明のカバーのことね。私はけっこう長いあいだ図書館でバイトしてたので、わりと上手にブッカーがかけられるのだよ。

IMG_0603_20180530180240595.jpg

他のコートフィルムも何種類か使ってみたことがあるのだが、私はこのピッチンが一番使いやすいと思う。箱にかけ方も丁寧に書いてある。私のやり方とは若干違うけれど。でも、バイト中に何人もの職員さんにブッカーのかけ方を教えていただいたが、全員微妙にやり方が違っていた。だからどんなふうでもいいのよ、要するに。少々しわになっても気泡が残っても、慣れればだんだん上手くなる。ちょっとくらいの気泡なら、針とかカッターナイフの先っちょとかで穴を開けて、空気を出せばいいのだよ。

アニメとマンガ本の絵はかなり雰囲気が違うけれど、どちらもそれぞれいい感じ。アニメはかなり原作に忠実に作ってあるのだが、出てくる風景とかはやはりアニメの方がきれいだし、でもアニメには出てこないような面白いシーンが原作にはあったり。さらに、アニメだと聞き取れなかった台詞がいくつかあったのだが(まあ、ばあさんだからな、私は)原作を読んでやっと何言ってたのかわかったり。これはもう両方見ないとダメですよ、やっぱり。

で、私のように次の台詞がそらんじられるようになってください。何の役にも立たんけど。
















エアプランツのためにミスティガーデン

IMG_0573.jpg

冬はどうしても室内が乾燥してしまうので、何年か前からこの自然気化式の加湿器を使っている。親が寝起きしている棟の方はエアコン暖房なので必需品だ。特にこのミクニのミスティガーデンは、観葉植物っぽくて素敵。フィルターがものすごく複雑な形をしているので、想像以上に早く水が気化する。

私の作業場にはエアプランツがいるので、この時期でも使っている。蒸し暑い日はエアコンで除湿しながら、エアプランツのところだけは加湿。エアプランツを他の部屋に移動させればいいような気もするけれど。

IMG_0524.jpg

私の作業場のミスティガーデンは器の色が植木鉢っぽいのだが、これはセレクトショップ・AQUA(アクア)さんのオリジナルの色らしい。

親の部屋のは器の色が白。これはこれできれい。フィルターの色は緑じゃないのもあるのだが、これはやっぱりこの色でないとなあと思う。このフィルターはくるんと丸く巻いて、お手持ちの丸い器に入れて使うことも可能。

使っているうちにフィルターの縁に白っぽい汚れがついてくる。抗菌防カビ処理がしてあるのでカビではないし、加湿性能に支障はないらしいのだが、それでもやっぱりみすぼらしい感じには見えるので、私はだいたい1シーズンごとにフィルターを換えている。電気も使わず、ただ水を入れるだけなので、とってもエコな商品。水は500ml入るのでけっこうもつけれど、当然水がなくなってもライトが点滅したりとかのお知らせはなく、静かにフィルターが乾燥していくだけなので、時々チェックはしてください。



プロフィール

かわべ遊亀

Author:かわべ遊亀
実家に単身赴任中。けんこう会館という名前の建物で、けっこう不健康に暮らしています。『理科の探検(RikaTan)』(SAMA企画)に「はれときどきカメ in 但東」を連載中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR