FC2ブログ

母の日のクリオネ



実は長男も母の日のプレゼントは何がいいか聞いてくれたので(いやいや、お前が「もうすぐ母の日ですね」とLINEしたからやろ)、すかさず「実はほしい服がある」と答えた。

私はここ何年かずっとほぼDesign Tshirts Store graniphの服ばかり着ている。最初はいつだったか、名古屋に帰っているときに大須の商店街にあるグラニフのお店の前に、五味太郎さんの絵本の絵がついているワンピースが置いてあるのを見つけたのだ。いやいやいや、これはもう衝撃。絵本のまんまですやん。

IMG_0617.jpg

で、その後、ネットにもグラニフのお店があるのを見つけ、アウトレットになるのを待ったりとか、楽天のポイントをためたりとかして、何着か購入した。これは半袖のやつだが、もちろん長袖も何枚か持っている。買うのはワンピース。もちろん下にズボン(昭和な言い方)はきますが。ここのワンピースは形がシンプルで、まあ、その服によってデザイン的に、袖が多少ひらひらしたりとか、裾が多少広がったりとか、襟ぐりが多少大きめだったりとか(フェミニンというやつですな)はするのだが、基本形はほぼ同じ。で、両脇にポケットがついていることが多い。私のようなポケット好きにとってここ重要。

グラニフはとにかく柄が面白い。今回、母の日に長男に買ってもらったのもクリオネの柄。さすがにバッカルコーン(クリオネの触手。あの可愛い頭みたいな部分がガバーッと開く)全開のクリオネは描かれていないが、こんな柄の服は見たことない。袖を折り返すとピンク色になっている。可愛い。とは言うものの私の買うのはたいてい、どれもおとなしめな色や柄だ。さすがに63歳だからな。

とにかく、いろいろな作家さんとのコラボ商品があるので、サイトのお店を見ているだけでも面白い。レオ・レオニのフレデリックとかスイミーとか。怪物君とかおそ松くんとか。ちびまる子ちゃんとかトムとジェリーとか。確か、楳図かずおさんの描かれたホラーな感じの女の子の顔が、バーンとでっかくプリントされている服とかもあった。う、売れるのかな。熱狂的な楳図さんファンが買うのかな。

街中だとどうだかわからないが、とりあえずこの実家周辺では、同じ服を着ている人に遭遇したことは、今のところ一度もない。




母の日の『ゆるキャン△』

IMG_0602.jpg

Amazonのプライムビデオで『ゆるキャン△』というアニメを見ている。可愛い女子高生たちがキャンプをするというだけのアニメ。特にハラハラドキドキするわけでもないのだが、そういうところが、親の介護というか世話で単身赴任中の人の心の疲れには非常によく効く。しょっちゅう見る。そんなに心が疲れとるんか、お前は。というくらい見る。あまりに見すぎてほとんど次の台詞が言えるような状態。最近では、作業中のBGM代わりに音だけ流してたりする。

ちょうど二男が母の日のプレゼントは何がいいか聞いてくれたので(いやいや、お前が「ところでもうすぐ母の日ですね」とLINE送ったやろ)、すかさず「ほしいマンガ本がある」と答えた。ちなみに誕生日には『ハクメイとミコチ』というマンガ本1~6巻を買ってもらった。『ゆるキャン△』は我慢しきれずすでに1巻は持っていたので、2~6巻を買ってもらった。

電子書籍版もあるのだが、やっぱり好きな本は紙の方がいい。で、大事な本にはブッカーをかけることにしている。図書館みたいな透明のカバーのことね。私はけっこう長いあいだ図書館でバイトしてたので、わりと上手にブッカーがかけられるのだよ。

IMG_0603_20180530180240595.jpg

他のコートフィルムも何種類か使ってみたことがあるのだが、私はこのピッチンが一番使いやすいと思う。箱にかけ方も丁寧に書いてある。私のやり方とは若干違うけれど。でも、バイト中に何人もの職員さんにブッカーのかけ方を教えていただいたが、全員微妙にやり方が違っていた。だからどんなふうでもいいのよ、要するに。少々しわになっても気泡が残っても、慣れればだんだん上手くなる。ちょっとくらいの気泡なら、針とかカッターナイフの先っちょとかで穴を開けて、空気を出せばいいのだよ。

アニメとマンガ本の絵はかなり雰囲気が違うけれど、どちらもそれぞれいい感じ。アニメはかなり原作に忠実に作ってあるのだが、出てくる風景とかはやはりアニメの方がきれいだし、でもアニメには出てこないような面白いシーンが原作にはあったり。さらに、アニメだと聞き取れなかった台詞がいくつかあったのだが(まあ、ばあさんだからな、私は)原作を読んでやっと何言ってたのかわかったり。これはもう両方見ないとダメですよ、やっぱり。

で、私のように次の台詞がそらんじられるようになってください。何の役にも立たんけど。
















エアプランツのためにミスティガーデン

IMG_0573.jpg

冬はどうしても室内が乾燥してしまうので、何年か前からこの自然気化式の加湿器を使っている。親が寝起きしている棟の方はエアコン暖房なので必需品だ。特にこのミクニのミスティガーデンは、観葉植物っぽくて素敵。フィルターがものすごく複雑な形をしているので、想像以上に早く水が気化する。

私の作業場にはエアプランツがいるので、この時期でも使っている。蒸し暑い日はエアコンで除湿しながら、エアプランツのところだけは加湿。エアプランツを他の部屋に移動させればいいような気もするけれど。

IMG_0524.jpg

私の作業場のミスティガーデンは器の色が植木鉢っぽいのだが、これはセレクトショップ・AQUA(アクア)さんのオリジナルの色らしい。

親の部屋のは器の色が白。これはこれできれい。フィルターの色は緑じゃないのもあるのだが、これはやっぱりこの色でないとなあと思う。このフィルターはくるんと丸く巻いて、お手持ちの丸い器に入れて使うことも可能。

使っているうちにフィルターの縁に白っぽい汚れがついてくる。抗菌防カビ処理がしてあるのでカビではないし、加湿性能に支障はないらしいのだが、それでもやっぱりみすぼらしい感じには見えるので、私はだいたい1シーズンごとにフィルターを換えている。電気も使わず、ただ水を入れるだけなので、とってもエコな商品。水は500ml入るのでけっこうもつけれど、当然水がなくなってもライトが点滅したりとかのお知らせはなく、静かにフィルターが乾燥していくだけなので、時々チェックはしてください。



ケーブルバイト

IMG_0469.jpg

このiPhoneにガブリと食いついているのがケーブルバイトというやつだ。私が買ったのはもうずいぶん前で、この亀のやつは今ではもう売ってないか、もしくは私が買った時よりかなり高い値段になっているようだ。もうすでにこの製品は第三弾が販売されているのだから、まあ仕方ないけど。

iPhoneの充電ケーブルの断線しやすい部分を覆うことで、断線を防ごうという商品だ。時々、差し込むときに、亀が前に身を乗り出しすぎて入らんかったりするが、可愛いので許す。お店のサイトを見ると、亀じゃなくてもいろいろ可愛いやつがある。もっとも私は亀以外買ったりしないのだが。まあ、亀が最初からなかったとするなら、ペンギンがいいかなあ。カクレクマノミというのもちょっと気にはなるが。

もっと早く亀があるうちに載せんかいと、亀関係者の皆様には叱られそうだ。いや待てよ、もうすでにみんな持ってるかも。ちなみに、私はちゃんと予備も買って保管してある。







プロフィール

かわべ遊亀

Author:かわべ遊亀
実家に単身赴任中。けんこう会館という名前の建物で、けっこう不健康に暮らしています。『理科の探検(RikaTan)』(SAMA企画)に「はれときどきカメ in 但東」を連載中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR